2017年3月

3月 23
木曜

  • ツイートボタン
  • いいね!ボタン

渋谷系キザり店「おんがくのじかん」にお仕置きだ! 緊急ライブ!あなたならどうする? 音響が大幅に改善された「おんがくのじかん」にようこそ!《太陽肛門スパパーン・中野区青年ミュージカル団THE青春・ヒメジョオン》

このイベントは終了しました

日時:

3月23日(木) 開場 19:00 / 開演 19:30 / 出入自由

料金:

予約・当日:2000円(別途ドリンクの御注文)

ご予約/ご入場について:

おんがくのじかんは、25席+立見スペースの小さな会場です。イベント当日はご来店順にご入場頂けます。また、ご予約頂けますと、万が一、満席の場合でも補助椅子・立見にて、確実にご入場頂けます。

出演

太陽肛門スパパーン・中野区青年ミュージカル団THE青春・ヒメジョオン
太陽肛門工房とは?(text by Nozaki Yoshifumi-film director)
太陽肛門工房は、ストレス系歌謡プログレバンド「太陽肛門スパパーン」、癒し系しみじみフォークグループ「THEヒメジョオン」、、資本主義と帝国主義者によって満たされたイメージとロマンの欺瞞を指弾し、黒く塗られたプロレタリアートのイメージの荒野を目指して穴を掘る最強映像制作集団「シネシネ団」,割烹着の裏に潜んだ女の邪悪な欲望を体現するヒロイン青島泉と花咲政之輔のデュオ「葱」等を擁する埼玉見沼代用水沿いにひっそりと佇まっている作務衣のfunky(臭く汚い)なおっさんおばさんたち【+ヤングマン】が出入りする工房である。
現代資本主義社会の矛盾と哀しみを、活写するのみならず、その変革の主体となるべく日々修行と活動の日々を送っている。モットーはKUKK(きもいうざい苦しい怖い)と「来るもの拒み、去るもの追う」
工房全体を統括するのは、作詞・作曲・編曲・歌・ギター・指揮とマルチな才能を発揮している花咲政之輔(aka黒俵権造)。そして、中心メンバーの一人として、テレビドラマのBGMやミュージカルのピアノ生演奏、星野源/アンサリーなどの有名ミュージシャンのサポートメンバーとしても活躍中のMr.swing 村山"fats"同志(a.k.a 小林創)が工房の多数の曲の作編曲・キーボードを担当。過去現在未来工房と協働したしているするだろう芸術家として、絶妙のドライブ感覚でバンド・サウンドを支えるベースプレイヤー矢野伸行、渋さ知らズや藤井郷子オーケストラでもその素晴らしい音色を聞かせているマルチリード奏者の泉邦宏、日本若手ジャズギタリスト期待の新星としてパスコワールプロジェクト他で活動中の平井庸一、安田マッスル善貴(ギター・歌・制作)・ 中原康仁(ドラムス)・ミスターラマーズ(トランペット・フリューゲルホルン)・加藤直喜(トランペット)・浅川宏樹(サックス)・青島泉(歌・ユーフォニウム・デザイン)・The Gospellrsの村上てつや・酒井雄二、ドリカムのバックなどでごきげんなドラムを叩いているSATOKO、マルチ弦楽器奏者の高田漣さん等々、二十代後半下北帽子系サブカル男の私としては卒倒しそうな面子ではある。
 まぁ、安部政権下 苦吟する日本の優秀な芸術家達がしっかりと共にろくろを回しているのデス。
太陽肛門スパパーンでは、ライブ、演奏会のコンセプト次第でメンバーを多彩に変化させ、 ジャズ、ファンク、ハード・ロック、フォークなどが入り乱れたサウンドを駆使し、縦横無尽に既成のジャンルを飛び越えてみせる。一方、多くのステージやアルバムでスパパーンと共演しているザ・ヒメジョオンは、アコースティックにこだわった五臓六腑に染み渡るフォークを奏でる。動と静、太陽と肛門、正反対の魅力を持つ二つのグループが呼応したステージを体感した者は、嫌悪感を露わにしながらもなぜか次のライブにも足を運んでしまう。
太陽肛門スパパーンは「郊外問題」と「女子高生」をテーマにした『馬と人間』(タワーレコード新宿店が選ぶ日本の名盤100選に選出)、「アメリカ帝国主義ブッシュ政権の不当無道なイラク侵略・虐殺を許さない!」というスローガンを掲げた『テロリストブッシュと人間』など、その時々の社会状況に対する強い問題意識の下に音楽活動を展開している。
また、井土紀州監督の映画『レフトアローン』と『ラザロ』の音楽を担当し、映画界との繋がりも深い。特に代表の花咲は多数の映画上映イベントにゲストとして呼ばれ、井土紀州氏はもちろん七里圭氏・松江哲明氏など名立たる映画監督たちとトークショーで共演。いつしか「トークショー番長」の異名を持つようになる。 花咲が木村文洋監督作品「愛のゆくえ(仮)」の音楽を担当し、最近流行の経団連御用達感をサブカル臭でぼやかす女「前田敦子」らと臭いコンビで東京国際映画祭のグリーンカーペットを歩いたのも記憶に新しいところではある。
そして、2013年に新たに太陽肛門工房に加入した新進気鋭の映画監督・楫野裕の映画『世界にひとつだけの花』では、同名楽曲の製作の他、花咲はプロデューサーと主演を務め上げた。食や原発問題に鋭くメスを入れたこの作品は、太陽肛門工房員たちが総出演し、ファンにはたまらない映画となった。
待望の3rdアルバム「Atomic Sunshine-河馬と人間」もエクゼクティブプロデューサーに元ロック画報編集長の加藤彰さんが就任したことにより一挙的に制作加速。2015年8月19日水にリリースとあいなった。
ライブプロモーションもかねてバンバンライブもやってくれるというからここしばらくは彼らから目が離せない。
今後矢継ぎ早に4th「河童と人間」、5th「サナダムシと人間」と連作をリリースしていくというから、楽しみである。
原子力は新しい太陽である、とかつて帝国主義者達はいい放った。真正面から反原発をテーマに据えた「河馬と人間」を太陽肛門スパパーンがリリースするのも何かの因縁だろうか。(了)


歌&ギター:花咲政之輔
ドラムス:佐山智英(烏頭)
ベース:内田典文(DISCO20000)
ベース&明仁:井出匠
ギター:平井庸一(パスコワールプロジェクト)
ギター:安田マッスル善貴(劇団御伽座)
金管:Mr.ラマーズ
トランペット:加藤直喜(笹口騒音オーケストラ、ハッチハッチェルオーケストラ)
サックス:浅川宏樹
鍵盤&歌:こばゆみ(マモル&ザ・クリティカルヒッツ)
ユーフォニウム&歌:青島泉(ex.井之頭蓄音団)
小池百合子&トランプ&鳴り物:近藤佑子
ゴリラ&制作:野崎芳史
醤油怪人&制作:遠藤アキラ
プーチン&制作:小村痔太郎
撮影&制作:楫野裕
ALL WORDS ARE BY 花咲政之輔
ALL MUSIC IS COMPOSED BY 花咲政之輔&小林創(アンサリー・星野源・FATS&FATS他)
PRODUCED BY 太陽肛門工房

▼各種イベント受付中▼

迷店おんがくのじかんでは、各種イベントを受付中です♡(月〜木)5千円・(金〜日祝)1万円でホールレンタル可能です。お客様1名様よりイベントチャージの半額をバックさせて頂いております。『格安だけど良い音』がモットーです。どうぞ宜しくお願い致します。

詳しくはコチラ

♥出演者♥大募集♥

おんがくのじかん SHOWCASE.24

【どなたでも御参加頂けます◎】

▼ 4月30日(日)
『おんがくのじかん SHOWCASE.58』
応募〆切: 4月23日(日)

残り:11組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 4月4日(火)
『かようび vol.18』
応募〆切:3月28日(火)

残り:2組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 4月7日(金)
『きんようび vol.26』
応募〆切:3月31日(金)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 4月10日(月)
『げつようび vol.11』
応募〆切:4月3日(月)

残り:3組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 4月20日(木)
『もくようび vol.37』
応募〆切:4月13日(木)

残り:4組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 4月25日(水)
『すいようび vol.37』
応募〆切:4月18日(水)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月5日(祝・金)
『きんようび vol.27』
応募〆切:4月28日(金)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月11日(木)
『もくようび vol.38』
応募〆切:5月4日(木)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月17日(水)
『すいようび vol.38』
応募〆切:5月10日(水)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月23日(火)
『かようび vol.19』
応募〆切:5月16日(火)

残り:5組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月28日(日)
『おんがくのじかん SHOWCASE.59』
応募〆切: 5月21日(日)

残り:12組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

▼ 5月29日(月)
『げつようび vol.12』
応募〆切:5月22日(月)

残り:4組

詳細/ご応募はコチラから。

・・・・・・・・・・・

福原希己江『よりそうものたち』

福原希己江『よりそうものたち』

素晴らしき唄うたい:福原希己江さん『よりそうものたち』・3年ぶりとなる、待望のセカンドアルバムが遂に誕生しました。前作「おいしいうた」同様、話題のテレビドラマ『深夜食堂3』そして今回は、映画『深夜食堂』挿入歌の他、未発表音源も収録。本人自らが企画し、バラエティーに富んだ「深夜食堂」サウンドトラック的作品となりました。是非ご賞味下さい。

ご購入はコチラから◎

スケジュール

月刊おんがくのじかん

月刊おんがくのじかん

当店発!スーパー・フリーペーパー『月刊おんがくのじかん』最新号をチェック!

レコメンド

『iPhone, iPad and Music~手のひらの音楽スタジオと楽器で遊ぶクリエイターズガイド 』

『iPhone, iPad and Music~手のひらの音楽スタジオと楽器で遊ぶクリエイターズガイド 』

2010年7月に当店で開催された『PALM GROOVE VOL.1』の模様が、技術評論社からの新刊『iPhone, iPad and Music~手のひらの音楽スタジオと楽器で遊ぶクリエイターズガイド 』に掲載されています。音楽の近未来のヒトツを予感させる興味深い内容でゴザイマス。

アマゾンでチェック


『みんなの中央線案内 (散歩の達人エリア版MOOK)』

『みんなの中央線案内 (散歩の達人エリア版MOOK)』

どこで降りても地元LOVE!めくるめく20駅のタウンガイド。中央線人の目線で読んでも、お店のチョイスに間違いがないので、オススメですよ。僕はオトナなので、出版元:交通新聞社サマの社風を考慮して、優等生なコメントをしています。ある意味、必見ですよ!

アマゾンでチェック


『Facebookページ プロフェッショナルガイド』

『Facebookページ プロフェッショナルガイド』

本書は、Facebookページの作成/活用について、ビジネス面とテクノロジーの両面から解説し、総合的な活用力を身につけるための実践書です。イケてる当店も紹介されております。革命ツール:フェイスブックをカクメイする僕の斬新な妄想&アイデアにギョーカイ騒然となっておりますよ。

アマゾンでチェック


▼ News ▼

★リリース★
音色 / 三月 -March-
miyamo(Vo/Uke)・サガイユウヤ(Gt)・寺内健輔/circe(Mar)この三人による:音色。少しでも多くの人に届くよう、英訳もご用意致しました。

次回の出演
5/27(土)19:30 〜 20:10


★NEWS★ 12/23 (祝・金)  福原希己江・待望の新作《うたうものがたり》が、リリースされます◎只今、御予約および先行リリース曲をお聴き頂けます◎ドラマ《深夜食堂》の世界とはまた違った彼女の楽曲をお楽しみ下さい◎
★NEWS★ 11/5 (土)  映画《続・深夜食堂》が、全国公開されます◎それに合わせ、ドラマ・映画を彩るアノ名曲たちを収録したサントラ《深夜食堂のうた》も、11/2(水)発売となります◎当店レーベル所属の福原希己江も3曲(新曲アリ)参加させて頂きました◎主要映画館でもご購入頂ける事になっておりますので、ご鑑賞後に「深夜食堂」の美味しい薬味も是非お持ち帰り下さい◎

高井息吹が、大塚製薬「ポカリスエット・ゼリー」テレビCMの音楽を担当致しました。青い水中を泳ぎ進むヒロインは、八木莉可子さんです。是非ご覧下さい。


高井息吹(Eve)『yoru wo koeru』
ポップスの新たな到達点となる作品になりました◎老若男女、全ての皆様へ◎

ご購入等はコチラから◎


高野好美『やわらかな夜』
新曲を当店にて録音致しました。

ご購入等はコチラから◎

次回の出演
3/12(日)19:30 〜 20:15


もののあわい『傘』

次回の出演
3/31(金)


ごあいさつ

▼2009年10月。密やかにOPEN。
東京・三鷹の音楽レーベル:TOWNTONEがキリモリする、お酒やお茶が楽しめるイベントスペース/CDショップをイメージし、只今絶賛迷走中の♡そんな微妙で妙なお店でございます♡新参者ではございますが、優しくして頂けたらと思っております♡

当店ヲリヂナルCM

巷でウワサ!謎のベールに包まれたメルトダウン系アニメーション作家:すあだ先生に当店のヲリヂナルCMを制作して頂きました。永遠のチェリーボーイ:ジャスティスボーイ真に、汚らわしいオトナ代表:当店の店主が見事にマッサツされておりますので、、、、必見ッ!!

すあだちゃんねる

アクセス

三鷹駅南口のメインストリートをまっすぐ。駅から徒歩3~4分です。生活用品店:NATORIYAさんの隣ビル地下1階です。

〒181-0013
東京都 三鷹市 下連雀 3-32-4
グリーンパルコB1
TEL/FAX:0422-43-5172


おんがくのじかんの地図

Googleマップで見る

これまでの主な出演者

これまでの主な出演者(敬称略・2013年10月現在)

山口茉莉・福原希己江・失敗しない生き方・森は生きている・デビルスコーピオン・折坂悠太・カラトユカリ・いなはたえみ・つるうちはな・島津田四郎・藤井邦博(魚座)・柴田聡子・小川直人・坂本弘道・ツダユキコ・佐立努・Luis Nanook・笹口騒音ハーモニカ・倉内太・麓健一・りゅう・猫道・鳩山浩二・Mattia Coletti・松倉如子・熊坂るつ子・和田泪・ミツメ・島崎智子・ポコペン(さかな)・西脇一弘(さかな)・惑星のかぞえかた・コハク(大阪)・影山朋子・長野友美・Daniel kwon・鈴木伸明・清岡秀哉・シャンソンシゲル・s.u.z.u.k tultuuga ockestla・組原正・酒井己詳・スカート・有富裕一・アベミキ・原田茶飯事・アサダマオ・斉藤友秋(細胞文学)・satomimagae・キスミワコ・DinnerSet・浅井かすか・スッパマイクロパンチョップ・山本ムーグ(バッファロー・ドーター)・モミーFunk!・バロン・COCHA・守山ダダマ・Honoka Sakai・PWRFL Power・倉林哲也・Hara Kazutoshi・pocopen(sakana)・annayamada・KAMIO-KAMICHI・三輪二郎・平賀さち枝・はなしミニマルチンドン・OLDE WORLDE・ヒムロヨシテル・lull・a・b・マッスル安田と太陽肛門スパーパーンメンバーによる特殊ユニット・muffin・mmm・キノマルヨウコ・The nonnon・海老沢諭・コイワズライ・豊田道倫・北村早樹子・歳星・Gofish・アニュウリズム・元旦・シャー クニャークス・あなるちゃん・マコメロジー・minamo・鳥と麺と・SimaKim(韓国)・jugz・アタギヒロシ・チミドロ・Mr.Whisper.z・国宝太郎・雑魚猫タワー・sphontik・足袋猫・臍藤シンタ・かみぬまゆうたろう・松浦湊・フタリ・松本佳奈・kyooo・neohachi・大城真・オルガノラウンジ・こまどり社員・王舟・mesomeso・福澤麻里恵・まん腹・入江陽・oonoyuuki・ヤング・フラッテリィズ・野田薫・半バナナ(ミックスナッツハウス)・組原正(グンジョーガクレヨン)・穂高亜希子・ねろ・よはく・尾林星・伴瀬朝彦・MOON DUO(アメリカ)・にゅわん・クガツハズカム・わくわくガールズ・しながわまりな・安倍渉一郎・ホッタモモ・大口沙世・桜井まみ・タラチネ・PawPaw・manurukko・青谷明日香・MOROHA・ハナカタマサキ・三ツ井嘉子・Leggysalad・エフロミオ・おお たけし(東京60WATTS)・日高ロンドン出身・鈴木実貴子・Ryo Hamamoto・大森靖子・ゆめん(rabuka)・THE SUGAR FIELDS・あみのめ・のっぽのグーニー・小島ケイタニーラブ・ジョニー大蔵大臣・VIDEOTAPEMUSIC・松原東洋(渋さ知らズ)・Gustave Coquiot・モーショングラフィックス研究会・THE WEDDINGS・山田民族・TASKE・サツキヤング・ヴァンサンカン主人・EPPAI・Qurage・菖蒲谷徹・Quinka,with a Yawn・石指拓朗(THEWATTER)・Twigs&Yarn・ちくわ朋彦・良元優作・双葉双一・古宮大志(僕のレテパシーズ)・アニス&ラカンカ・くりすあすか・ラジオゾンデ・千葉広樹・ yukaD・小山健太・ 富永寛之(バンバンバザール)・ 黄 啓傑(BLACK BOTTOM BRASS BAND)・神さま・ツジヤマガク・yojikとwanda・シミズヒデアキ(THEWATTER)・Celer・チェルシー舞花・小柳淳嗣・pigeondust・ホーミータイツ・梯子ノ上デ・指先おぼつか's・彩・くろみつときなこ・中村むつお(テングインベーダーズ)・Temple Book・Predawn・小山田壮平(andymori)・鍋ナビィ・に角すい・重機(浅野正博+タニダリョーコ)・HAKONE(安永哲郎+taxxaka)・近田崇仁(はいからさん)・ふくちゃん・河合耕平・水野寝地・Aquiles Hadjis・my pal foot foot・Alfred Beach Sandal・よしむらひらく・Your Last Chicken・ICECREAMMAN・pagtas・AlexLukashevsky・辻恵子・嗚呼!しらき・小林一恵・ウメ・ジャン相見・松尾アトム前派出所(西口プロレス)・東京未開封・田代32・虹の黄昏・ハリウッドザコシショウ・猫ひろし・スギちゃん・・・他多数。